仕入れできないお店にも行ってますか?

どうも、ともみつです。

なぜ仕入れできないの?

一言に仕入れできないと言っても、その理由はそれぞれで

  • 品揃えが悪く、まともな本がない。
  • 価格設定が高く、差額がほとんどない。
  • 電波が弱くて、スマホの回線が安定しない。
  • せどり行為に対する拒否反応が強く、リサーチできない

さて、仕入れできない場合が多く、優先度を下げるべき店舗はどれでしょうか?

 

 

 

 

 

答えは1つ目です。
残り2つは週に何度も行く必要はありませんけど、定期的に通いたい店舗です。

仕入れできなくても行きたい店舗

なぜ仕入れできないのに行くべきなのか?

「仕入れできないんなら巡回ルートから外せよ」

と思われてるんじゃないでしょうか?

実は、これらの店舗は仕入れスキルや商品知識、販売経験を積み重ねることでおいしいお店になる場合があります。

価格設定が高くて仕入れできない!

価格設定が高いということはどういうことでしょう?

一つには、他のせどらーも一定数、仕入れにくいから通う意味はないと判断している可能性が高いです。

せどらーがあまり来ない店舗ならニッチな商品や抜け巻が残っている可能性が高いです。

バラで買う人がいないとは言いきれませんが、価格設定が高い店舗は経験上、プレミア価格にはなってないものの、あまり見ない最終巻付近の巻や中途のレア巻が残っていることが多いように感じています。

抜けが埋めやすい、わかりにくいプレミア巻が残っているなら通う価値は十分ありますよね。

他にも、定価に対し、価格設定が高いとしても定価で仕入れても利益が出るほどプレミアになっていれば、こちらも関係ないですよね?

こういったものを狙えるのでどうしても仕入れできないってレベルまで通えないと感じるまでは通ってみたいかな、と思いますね。

リサーチができない!!

リサーチできないようでは仕入れは困難ですよね。

過去に仕入れた商品だとしても相場は確認したいし、知識としてだけ知っていたレア本を見つけたとしても、リサーチなしで仕入れるのは勇気がいりますよね。

特に、スマホの電波が入らない店舗の場合は相場を確認することが困難なので堅い商品や抜け巻を軸にするのが無難でしょう。

ただ、どちらもせどらーが避けるのでせどらーが好きなものが残りやすい傾向があります。

なので、抜け巻・プレミア巻をはじめとするkeepaを注意深く考察しなくても仕入れできる商品が軸となります。

もちろん、リサーチに対する拒否反応が強いということは注意されたり、最悪、出入り禁止になる可能性が高いということです。

たとえ、リサーチしにくいにしても、せどらーが寄り付かない店舗というのは貴重なので出入り禁止や入店しただけでマークされるような状況は避けたいですね。

まとめ

いかがでしたか?

仕入れできない店舗でも仕入れできない理由をひも解くと、通うべきと言える店舗が出てきます。

ぜひ、参考に【仕入れできない】で思考を止めず、通うべきか、本当に通っても仕方ない店舗なのか、きちんと見極めて、仕入れできる店舗を増やしてくださいね!

>プロせどらーから学ぼう!副業で稼げない初心者をプロせどらーのノウハウで救うブログ

プロせどらーから学ぼう!副業で稼げない初心者をプロせどらーのノウハウで救うブログ

副業を始めたけど、稼げなくて困っている方に少しでも助けになればと、せどらーを集結しています。困っていること、悩んでいることなどあれば、ご気軽に声をかけてください。相談するだけでも気分が楽になるかと思います。

せどりは再現性の高いビジネスです。このブログで学び、少しでも稼げるようになっていただけたら幸いです。これからも毎日、役立つノウハウや最新の情報をお届けしていけるよう、頑張っていきますので、これからも応援よろしくお願いします。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。