本せどりの用語ってこういう意味です

どうも、本せどりの人。
ともみつです。

 

確定申告の時期になりましたけど、あなたはちゃんと用意してますか?
今年は申請期限が4月くらいまであるので「急げ! 間に合わなくなるぞ!!」なんてことはありません。

それでも、早め早めで用意するに越したことはないですからね。
ぜひ、忘れずに申告するようにしておきたいですね。

 

今日はややこしいとよく言われる本せどりの用語を解説します。

本せどらーならよく使う用語

 

まずは本せどりをやってると、よく聞く言葉から紹介します。

単C

100円(店舗によっては100~200円)+税で販売されている棚および商品のことです。

元は単品管理Cランクというブックオフ内の言葉らしいです。
古いもの、傷みが激しいものなど200円以上で販売できそうにない場合に設定されます。
また、赤棚に仮置きされている間は背を上にして寝かされている場合が多いです。

プロパー

一言で言うなら単C以外の棚とそこに置かれている商品です。

帯、プロパー札、単品管理と呼ばれる横長の値札が貼られている場合が多いです。
基本的にアマゾンに合わせた価格設定がされている傾向が強いです。

一見高値で仕入れできないと感じるかもしれません。

しかし、案外高値で売れるものが多いのでリサーチしてみると思わぬ利益商品に出会えます。

赤棚

ブックオフが買取った商品を棚に入れる前に仮置きしておく赤いカートのことです。

店舗によっては手に取ると注意されたり、レジの中にしまってることもありますが、リサーチされてない場合が多いのでレジの外に置かれていたらとりあえず、ザっと見てみるのがオススメです。

かかり(巻)

レア巻のことでとっかかりから来ているそうです。
この巻を見つけたことをキッカケに集めるのを開始しないと、この巻で詰まるということで、とっかかりにする巻⇒かかり巻というようです。

基本的にはレアなだけで極端な高値はつかないんですけど、ものによっては何千円もするものもあるのでそういう巻を見つけたら一冊からでも稼げるのでリスト化して覚えておくといいと思います。

 

ビーム

バーコードリーダーのことです。
一件一件なら大した時間ではありません。

しかし、何冊何十冊とリサーチすると、このわずかな差が大きくなっていくので件数を調べる形を軸にやるなら必需品と言われています。
大事なのは件数ではないってリサーチをするならまぁ、なくてもいいですね。

全頭検索

その棚にあるものをすべて検索することです。
語源がよくわかりませんけど、牛とか、豚とかの家畜を全頭調べることからでも来てるのでしょうか?

基本的に、単C棚を作業的にリサーチして、利益商品を見つけるために行われます。
一応、プロパーでもできますが、この場合、仕入れ価格が商品ごとなんで売れる見込み価格との比較をいちいちしないといけないのでツールなしでやるのはしんどいです。

状態売り

状態がよいことを根拠に高く売る販売方法です。

レンタル落ちや問題のある商品など商品の状態が多様な中古商品ではこのくらいきれいです! というのが価値になり、こういう売り方もできる、ということです。

難点は価格を上げれば上げただけ売れるまでが長くなりやすいという傾向があるということです。
バランスよくやらないと、キャッシュフローが悪くなるので注意が必要です。

本せどり用語がわかると何がいいの?

当然、用語を知っただけでは稼げません。

しかし、用語がわかることでメルマガやTwitter、ブログなどで本せどりをやっている人の話がわかるのでちょっとしたツイートや記事から稼ぎ方が読み解きやすくなります。

 

まぁ、必ずしもこのくらい知っておけ、というわけでもないですけどね。
あ、でも、赤棚と単C、プロパーはよく言われるのでわかておくといいかも。

まとめ

いかがでしたか?

本せどり用語って本当に独特なんで何の話してるのか、わからないっていう話を聞いたので解説してみました。

普通に使っている言葉なものの、改めて説明しようと思うとなかなか言い表しにくい所がありますね。
参考になれば、幸いです。

>プロせどらーから学ぼう!副業で稼げない初心者をプロせどらーのノウハウで救うブログ

プロせどらーから学ぼう!副業で稼げない初心者をプロせどらーのノウハウで救うブログ

副業を始めたけど、稼げなくて困っている方に少しでも助けになればと、せどらーを集結しています。困っていること、悩んでいることなどあれば、ご気軽に声をかけてください。相談するだけでも気分が楽になるかと思います。

せどりは再現性の高いビジネスです。このブログで学び、少しでも稼げるようになっていただけたら幸いです。これからも毎日、役立つノウハウや最新の情報をお届けしていけるよう、頑張っていきますので、これからも応援よろしくお願いします。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。