偽物を販売すると、どうなるのか……?

はい、どうも。
本せどりの人、ともみつです。

本のついでにバックやアパレルなどのブランド品やアパレル、トレカを扱う人もいるみたいですね。

実際、同じ店舗内にあるからという理由で私自身、ゲームやジャンクも軽く扱っています。
ここで問題なのが間違って偽物を販売してしまった場合ですね。

もちろん、このブログを読んでいる方に偽物と知った上で偽物を本物として販売するような方はいないと思うので省略して、本物だと思ってたけど、実は偽物だった場合について、お伝えしていきます。

偽物と気付かずに偽ブランド品を販売すると、どんな罪になるの?

↑もうこんな気持ちになってしまいますよね?

でも、落ち着いてください。
対応を間違うと、大変なことになります。
なので、まずは落ち着いて状況を確認しましょう。

まず確認すべきことがあります。

【本当に偽物を販売したのか】

です。

あまり疑いたいことではありませんけど、事実として偽物だった、として、返品返金や脅迫といったことになる場合もあります。

「え!? 返品返金はもちろんするけど、脅迫も!?」と思われたかもしれません。
しかし、偽物を販売することは偽物と知っていたかどうかを問わないので警察が動けば、罪に問われる場合もあります。
ここを軸に脅してくるわけですね。

なので、本当に偽物を販売したのか? という事実確認は非常に重要です。
また、だまし取るために偽物だと主張することも考えられますね。
対応については次章で解説するのでまずはどういった罪に問われる危険があるか確認していきましょう。

商標権侵害

商標権というのは商標、つまり、ロゴや社名を使って商売をする権利ですね。
これは販売してしまったあなたも、偽物を作った人も、当然、持っていませんよね?

だから、その権利を侵害した、ということになり、商標法の違反になります。

ちなみに、【未失の故意】といって、要はやってしまったことに対して、どの程度うっかりが通るか、という判断基準です。普段から物販をしてない人が販売して、「気付かなかった」は通るんですけど、我々せどらーのようにメルカリやヤフオク、アマゾンの販売経験が一般人に比べ、豊富な場合はかなりとおりにくいようです。

ジャンル的な物ではなく、古物商を持ち、業としてやっている以上、技術が足りない等の仕方がない部分があるとはいえ、「まぁ、大丈夫だろう」でやらかした場合にどうなるかを知らないとは言えないので「わざとじゃないんです」は通用しないと考えておいた方がいいでしょう。

詐欺罪

当たり前ですけど、「間違って売ってしまったんです! 信じてください」が通じるならみんなそう言いますよね。

本当に詐欺罪で逮捕され、裁判になるかは状況次第ですが、古物商を持つ、あるいは繰り返し中古品を販売して利益を得ていて、「偽物だと気付かなかった」「偽物を販売したらどうなるか知らなかった」はそうそう通らないので基本的に、だましたと取られると考えておきましょう。

補足すると、偽物かもしれない商品と間違いなく本物な商品は別物です。

せどりとして利益を得る以上、本物ならばあり得ない価格で購入していますよね。
せどりをしていると、忘れがちですけど、特にブランド品は本来、中古店で安く買えるはずがないものです。
実際、間違いない正規品だと査定されたものは中古でも、ワケアリでもショーケースに入ってますよね?

だから、「偽物かもしれないもの」を本物として販売することが詐欺にあたります。

偽物を販売した時の対応は?

とりあえず、返品と返金です。

ただし、だまし取ろうという人がいないとも言えないので商品が返送されてから返金するのが基本となります。
その上でブランド品買取を専門としている店舗や質屋など偽物かどうかをきちんと見極められそうな人のいる所で見てもらったり、警察に持ち込んだりするのがいいでしょう。

警察に行くのは気乗りがしないかもしれませんし、仕入れた資金がどうなるかも場合によりますけど、偽物を手にした場合、警察に報告するのは古物商としての義務なのでどのみち、警察には行っておいた方がいいです。

また、これは返品返金に関してトラブルになった時も同様です。
先手を打って、警察に事情を通しておくことで無傷とはいかないまでも、ある程度の情状酌量になる場合もあります。

 

まぁ、先方が返送を言い出す場合、すり替え返品やダメにしてから返品というのもあるでしょうけど、返品返金を拒否して、偽物だと知っていたから拒否した、ととられる場合もありますしね。
返品と返金の提案が第一でしょう。
それで穏便に済めば、返って来たものをなにくわぬ顔で警察に通報できますしね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今日は本せどりからは少しはずれますけど、同店舗内に販売されていたり、道すがらにあったりすることから並行してやっている人も多いだけに安易に始めるにはリスクがある分野として、記事にしました。

違反が悪質な場合は古物商の取り消しにもつながるので偽物にはくれぐれも気を付けてくださいね。

>プロせどらーから学ぼう!副業で稼げない初心者をプロせどらーのノウハウで救うブログ

プロせどらーから学ぼう!副業で稼げない初心者をプロせどらーのノウハウで救うブログ

副業を始めたけど、稼げなくて困っている方に少しでも助けになればと、せどらーを集結しています。困っていること、悩んでいることなどあれば、ご気軽に声をかけてください。相談するだけでも気分が楽になるかと思います。

せどりは再現性の高いビジネスです。このブログで学び、少しでも稼げるようになっていただけたら幸いです。これからも毎日、役立つノウハウや最新の情報をお届けしていけるよう、頑張っていきますので、これからも応援よろしくお願いします。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。