【危険度A】返品詐欺やりたい放題に注意!!

 

 

こんにちは!

えりやです。

 

4月28日に
Amazonからビックリるすメールが届きました。

 

タイトルは
『【重要】出品者出荷における返品無し返金について』

 

何だこりゃ!
タイトルを見ただけで
カナリ危険な香りがプンプン漂ってきます。

 

この設定について
詳しく調べてみるとヤバい設定と判断しました。

「返品なし返金」とは

2021年4月26日(月)より、出品者様の定義したルールに基づいて「返品無し返金」(商品の返品を受けずに返金を実施)を自動的にお客様に提供できる機能です。

 

要は、購入者は返品したい商品を
いちいち出品者へ返送しなくても自動的に
返金を受ける事が出来る事とが可能で

 

既に、アメリカAmazonでは実施されていて
ついに、日本でも導入されたと言う訳です。

返品なし返金設定のメリット・デメリット

 

メリット

現時点で、僕自身の考えでは

 

メリットを感じる事が1つもありません

が、

あえてメリットがあるとしたら

 

低価格帯の商品の返送で
仕入価格よりも、返送にかかる料金の方が
大きい場合です。

 

あとは、ごく稀にですが
海外への返品の対応が可能になる

7月28日から、海外へ出品しているセラーに関して、海外の購入者の返品リクエストにおいては、商品金額の合計が1000円以下の場合で日本国内の返送先住所が提供されない場合、配送料前払いの返送用ラベルの提供の有無に関わらず、返品なし返金が適用されます。

海外のAmazonで販売をされている方にとって、低価格帯の商品の返品による、返送費用負担の軽減が期待出来ます。

 

デメリット

悪意を持った購入者が激増する可能性が高い

例えば、返品なし返金を設定していた場合
詐欺を目的とした購入者が適当な理由で「返品無返金」を
利用した場合、あっさりと自動で返金が行われます

ただでさえ、最近のAmazonは
すり替え詐欺や、返品詐欺が横行しているのに

こんな機能を追加したら
益々詐欺が酷くなり気しかしないですよマジで・・・

詐欺行為を働く側としたら
AmazonATMくらいにしか思わないはず

 

返品なし返金設定は

現時点では返品なし返金設定は
出品者の任意設定になっているため、自動的には適応されません

返品無返金タブから設定をしない限り設定されません

 

従来通り、購入者が返品したい商品を
送り返してからしか返金しない対応も可能です。

しかし

ネット界隈では
この返品なし返金設定にしたsellerが
カート取得を優先されるんじゃないのか

 

などなど、憶測が飛び交っています。

 

このような悪設定が当たり前の状況になれば
益々、Amazonの詐欺購入者の無法地帯になってしまいまいそうです。

 

おそらく確信犯は
プレ値になっている希少性の高い商品を

 

購入→キャンセルを繰り返し
自動的に返金を受けるような犯罪を狙ってくると
想像できます

今年は、結構恐ろしい年になりそうですね

気を付けましょう。

 

>プロせどらーから学ぼう!副業で稼げない初心者をプロせどらーのノウハウで救うブログ

プロせどらーから学ぼう!副業で稼げない初心者をプロせどらーのノウハウで救うブログ

副業を始めたけど、稼げなくて困っている方に少しでも助けになればと、せどらーを集結しています。困っていること、悩んでいることなどあれば、ご気軽に声をかけてください。相談するだけでも気分が楽になるかと思います。

せどりは再現性の高いビジネスです。このブログで学び、少しでも稼げるようになっていただけたら幸いです。これからも毎日、役立つノウハウや最新の情報をお届けしていけるよう、頑張っていきますので、これからも応援よろしくお願いします。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。