Amazonで物販始めたい人が最初に読むブログ なにから始めたらいいの?それは〇〇です

突然ですが、メルカリに出品した事ありますか?

 

捨てるつもりの子供服が、お小遣いになりました

 

貰いもののキャラグッズが、すごく高くで売れましたよ~
昔のコミックス、ブッ〇オ〇に持って行ったら100円しないと言われたのに、数千円で売れました(⌒∇⌒)

 

捨てるのにお金がいるご時世で、出品したらまさかのお小遣いになるなんて嬉しいですね。

 

=====================================


こんにちは。専業主婦せどらーマダムメイです。

こんなわたしでも出来たAmazonせどり。

生徒さんは30代から60代。兼業、専業、主婦の方が沢山。あなたも在宅で家事のスキマにお小遣い稼ぎしませんか?


=====================================

 

わたしも初めて売れた時、とてもうれしかったです。

そしてどんどんハマっていったのですが、

あるときから、ちょっとずつ疲れてきていました。

発送のトラブルとか、出品のわずらわしさとか。

 

 

そんな時メルカリを教えてくれた友達が言いました。

 

「Amazonでもメルカリと同じように売れるんやで」

あのAmazonで?

わたしが?

それはちょっとカッコ良すぎるではありませんか(嬉)

「めっちゃ難しいんじゃないの?」
「そんなことないと思うで。いっしょいっしょ」

 

あとでわかったのですが、
彼は「Amazonでも売れる」事は知っていましたが、売ったわけではなかったんですね。

しかしその気になった私は、勢いでAmazonへ突き進みました。
そして何十回もつまづきました。

どれも分かれば簡単なことばかりなんですが。

 

正直、Amazonで物販をしたいと思うなら、最初はこのブログを見たり、誰かに教わるのがベストかなと思います。わたしに質問してくれてもいいですよ。

 

Amazonの出品のしくみ

 

 

Amazonには二つの出品の方法があります。

小口出品者大口出品者です。

今回はメルカリ出品に近い感覚で売れる小口出品者について説明をします。

小口出品者

 

小口出品者は

一点売れるごとに100円と販売手数料が取られます。

 

販売手数料は売る商品の種類によって約8~15%になります。

(販売手数料は大口出品者でも掛かります)

 

 

「以外と手数料高いなー」

そう思いませんでしたか?

 

 

手数料は高い?

 

Amazonは、

楽天市場より利用者数の多い日本一大きなECサイトです。

 

2019年のデータを見てみましょう。

Amazonの利用者は5,004万人
メルカリの利用者は2,216万人

 

Amazonにはメルカリの倍のお客様が来るんです。

 

利用者が倍多いから倍売れるとは限りませんが、

Amazonでは「どんな商品でもだいたい売れる」

と考えて下さい。

 

そして全般的にAmazonの方がメルカリより高い価格で売れます(値付けは自由なので逆の場合もあります)

 

メルカリで1,000円で売れたこの商品

 

 

Amazonでは3,980円で売れています。

 

なぜでしょうか?

Amazonは商品を買いに行くショッピングサイトで、

メルカリは不用品を売買するフリマサイトだからです。

この価格差を利用してメルカリで仕入れてAmazonで販売している人もいるのです。

 

 

大きなショッピングセンターで売るのと

日曜日に公園のフリーマーケットで売るのと

同じでないのはあきらかです。

 

 

Amazonの方が楽なこと

 

 一点ずつ画像を撮影しなくていい。

 複数出品が簡単すぎる。

 説明文を考えなくていい。

 分からなかったら聞ける。

 

 

Amazonには沢山の商品が出品されています。

自分の出したい商品をリサーチすると、商品ページの右の下の方に「この商品をお持ちですか」と書いてあります。

 

その下の『マーケットプレイスへ出品する』をクリックすると自動的に出品登録のページに飛ぶことが出来ます。
画像はすでにあるので撮る必要はありません。
説明もきちんと書かれています。

 

同じ商品を10個出品するためには、メルカリなら10回出品作業が必要ですが、Amazonでは『在庫数10』と入力するだけです。

 

メルカリは取引で問題があっても、事務局への問い合わせはメール形式一択です。
ですが、Amazonは電話やチャット、メールなど色々な方法で疑問や悩みを問い合わせることが出来ます。

 

Amazonの一番楽なこと

 

Amazonでは

「値下げ交渉をしなくていい」

という事です。

 

値下げ交渉はメルカリの良さでもあったのですが、最近は非常識な値下げを要求する人が増え、相手をするのはかなりのストレスです。

Amazonでは購入者は、購入ボタンを押すのみです。

売れたらお知らせが来るので、
あとはメルカリと同じように発送するだけです。

価格設定も自由に変えることが出来ます。

 

小口出品者の配送料

 

Amazonの小口出品者は売れたものを配送する時に、一定の配送料を購入者に請求できます。

以下がAmazonで決められた小口出品者の配送料です。
(大口出品者は自由に配送料を決めることが出来ます)

 

 

Amazonのイマイチなところ

 

高い価格でよく売れるAmazon。
メルカリより手間が掛からなそう。
こんな魅力的なAmazonですが、
マイナスがないわけではありません。

 

なんかちょっとわかりにくい

 

Amazonは元はアメリカの会社です。米語をそのまま日本語にした(としか思えない)説明がわかりにくい事があります。
というか高確率であります。日本なら当然ある一言がなかったり、少し意味不明の文章があったりします。

 

なので、

簡単な手続きで引っ掛かってしまう人が多いのです。
これはものすごくもったいない事だと私は感じています。

 

メルカリで不用品をちゃんと売り買い出来るレベルの人なら、Amazonで販売することは決して難しい事ではないのです。

 

のにAmazonの説明の分かりにくさのため、沢山のいい出品者(セラーと言います)が、「私には無理だったんだ…」と、心折れて撤退しているのが現状です。

私は独学で始めて、聞く人もいなかったので、最初の一年は出品する度に意味不明な文句を言われ「わ、わからない…」と泣いていました。
娘に「お母さん、そんなに辛いのならやめたら?」と心配されていました。

スクールに入ったり教材で学んで、ちょっとずつ普通のセラーに成長していった私ですが、やっぱりAmazonの説明は不親切だと思っています。

素人(しろうと)ではない

 

Amazonはショッピングサイトなので、一定のルールを守って出品しなくてはいけません。

私たちがお店で物を買う時に期待すること

「きちんと包装されている」
「商品に傷みがない」
「画像と同じ商品である」

 

当たり前のことですが、出品者として最低限守るルールです。

購入者の返品のルールも厳しめです。

出品者の心構えは、メルカリでも同じですが、
メルカリは素人が素人に善意で品物をやりとりするフリーマーケットがベースになっていますが、Amazonではプロとして販売する意識が必要です。

 

いかがでしょうか?
メルカリ経験者のあなたなら、Amazonの小口販売者、やれそうですよね。

小口販売者なら、売れない限り費用は発生しません。

なのでまずは登録をしてみましょう。

Amazonに出品してみる

 

ちょっとやってみたいなと思われた方
やってみたけど、ちょっとつまづいて止まっている方

マダムメイのLINE@に来ませんか?

ブログを読んで頂いた方には

無料でひとつ質問にお応えしています。

LINE@ではせどりの裏ワザや、コツ、利益商品などを雑談を交えて発信中です。
「ブログ見ました」と声を掛けて下さいね。

一緒に頑張っていきましょう。

マダムメイ@プラチナ主婦の自己紹介

 

>プロせどらーから学ぼう!副業で稼げない初心者をプロせどらーのノウハウで救うブログ

プロせどらーから学ぼう!副業で稼げない初心者をプロせどらーのノウハウで救うブログ

副業を始めたけど、稼げなくて困っている方に少しでも助けになればと、せどらーを集結しています。困っていること、悩んでいることなどあれば、ご気軽に声をかけてください。相談するだけでも気分が楽になるかと思います。

せどりは再現性の高いビジネスです。このブログで学び、少しでも稼げるようになっていただけたら幸いです。これからも毎日、役立つノウハウや最新の情報をお届けしていけるよう、頑張っていきますので、これからも応援よろしくお願いします。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。