【本せどり】BOOKOFFの値札の色や情報を超解説!!

はい、どうも!

日曜日は本せどりの日!
本せどりの人、ともみつです!!

あっちこっちで
やれ、閉業だの、破産だの、
本当に嫌になります。

 

こんな時こそ、
副業で減収対策をしたいですね!

 

今日は

BOOKOFFの値札

の話をしていきます。

また、最後の特典PARTとして、
ラベルシールと単品管理シールの
売れ方の違いを解説します。

BOOK OFFの値札は4色ある

BOOKOFFの値札の話の前に
知っておいて欲しい大前提が
あります。

BOOKOFFのアルバイトは
本のプロではありません。

本のプロになる人もいます。

しかし、大多数は素人です。

 

何が言いたいかというと、

素人でもわかるように
在庫管理をしている

ということです。

最たるものがこの値札。

俗に季節札とか、4色札とか、
呼ばれる価格設定時期を色で
管理する方法です。

 

このように4色に色分けされています。

黒:1~3月
緑:4~6月
青:7~9月
赤:10~12月

と1年を3か月区切りで
色分けしています。

これは単品管理シールと呼ばれる
この横長のシールでも同じです。

画像では両耳が黒くなっていますね?

ここに管理用の色分けが表示されます。

 

ところで、この長い値札。
色だけで見終わるのは
極めてもったいないです。

注目してほしいのはこの3か所。

1.カテゴリ
2.セットを組む商品
3.買取日

3は他店舗と見比べる限り、
店舗ごとか、地域ごとかで
場所がズレる場合もあるようです。

ただ、この表示法の日付は買取日と
BOOKOFF店員が言ってたので
まぁ、間違いないでしょう(笑)

 

では、次項ではこれらを
具体的にどう活かすのかを
解説していきます。

何がいいの?

「BOOKOFFの値札の話は知ってるよ。
 ここまでもったいぶってそれかい?」

そうですね。
これは伝えている人も多く、
あなたもご存知かと考えます。

しかし、
情報を知っている事
日々実践していることは
まったくの別物です。

 

ぜひ、これらの情報の使い方を
意識して、あなたの仕入れを
効率化してください。

カラー管理

パッと見でいつ頃貼られたのか、
これがわかります。

つまり、
何か月も張り替えられていないのか、
それとも、つい最近変更したばかりの
価格なのかがわかります。

最近、張り替えられたものなら
売れないから値下げして売ろう
というケースも多く、仕入れが
しやすい場合が多いです。

 

逆に、
何か月も張り替えられていないなら
見なくていい場合が多いです。

カテゴリ

こちらは上に挙げたコミックでは
旨味が少ないです。

しかし、
実はこの数字、店舗が決めてます。

だから、
飲食業や野球選手が書いた
ビジネス書が店舗によっては
よくわからない場所にあるんです。

勘のいいあなたは気づきましたか?

 

そうです。
特定カテゴリを指定したセールで
狙ってください。

結構、そういうややこしいものは
これに設定して! としている店舗が
多いのでここを狙うと、セールで
ライバルが見てない所が見つかります。

セット商品かどうか

BOOKOFFの値札シールをよく見ると、
このようにセ13と表記があります。

こちらは、

セ:セット商品になるか
13:なるなら完結は何巻か

という表示です。

また、写真は13となっていますが、
セ完と表示している場合もあります。

これがわかれば、棚をザっと見て、
最終巻があるかの判別も簡単ですね!

最終巻が一番レアではないケースも
あるのは事実ですが(笑)

買取日

BOOK OFFの値札の項目の中でも
季節札の変わり目に特に、要チェック
なのがこの買取日です。

同じ黒札でも3月にリサーチするなら
1月より2月、2月より3月の物の方が
せどらーに見ていない可能性が高く、
仕入れできる期待値も高いです。

まとめ

BOOKOFFの値札をなんとなく
価格だけ見るのがもったいないと
おわかりいただけましたか?

最後にまとめます。

  • 店員がプロとは限らない
  • 価格設定時期を3か月ごとに値札の
    色分けで管理している。
  • 単品管理シールは情報量が多い
  • 季節の終わりは買取日を確認

れも大事なことなので、
ぜひ、覚えておいてくださいね!

 

現在、私は

【本せどりで仲間と稼ぐ】

をモットーにオープンチャットを
主催しています。

こちらから簡単に参加できるので
ぜひあなたもご参加ください。

質問・相談大歓迎なことに加え、

  • 実際に販売したプレ値単行本
  • 実際に販売した高額特装版

を参加者限定で配布しています。

ぜひ、こちらからご参加ください

【B.U.Ts】に参加する

特典PART

こういうツイートをしました。

最近ではBOOKOFFも
Amazonやヤフオクに出品しています。

しかし、主たる販路は
あくまでも、店舗に来る地域客です。

 

そうなると、
ネットなら高額で売れる本でも
地域的に売れなければ、高値を付ける
メリットは少なくなります。

 

そういうものにラベラーのシールが
貼られることが多いです。

 

その地域の売れ行きに勘の利く店員が
これをやると、単品管理で高値付けが
当たり前の商品が安く買えるなんて
こともありえます。

だから、
安く仕入れて高く売れることが多いです。

 

逆に、単品管理はというと、
これは基本的にBOOKOFFの基準
価格設定されている場合が多いです。

 

性質上、古いものやマイナーなものが
Amazonやヤフオクではプレミア価格で
取引されている場合やほとんど定価で
やり取りされている場合においしく、
仕入れができますね。

 

ただし、これはあくまでも、
私の販売経験に基づく話です。

 

ただ、実際に売って感じたことなので
「ある程度の真理ではないか?」

と考えてリサーチ基準にしています。

 

これを意識すると、

価格設定と裏表紙の価格を見ただけで
棚に返すべき本か、
モノレートを見るべき
商品か、
がザックリと判断できます。

 

ぜひ、気にしてみてくださいね!

>プロせどらーから学ぼう!副業で稼げない初心者をプロせどらーのノウハウで救うブログ

プロせどらーから学ぼう!副業で稼げない初心者をプロせどらーのノウハウで救うブログ

副業を始めたけど、稼げなくて困っている方に少しでも助けになればと、せどらーを集結しています。困っていること、悩んでいることなどあれば、ご気軽に声をかけてください。相談するだけでも気分が楽になるかと思います。

せどりは再現性の高いビジネスです。このブログで学び、少しでも稼げるようになっていただけたら幸いです。これからも毎日、役立つノウハウや最新の情報をお届けしていけるよう、頑張っていきますので、これからも応援よろしくお願いします。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。