不良在庫を増やす仕入れをしていませんか? ていねい仕入れで不良在庫を減らしましょう!

はい、どうも!
日曜日は本せどりの日!

本せどりの人、ともみつです。

モノレート閉鎖に伴う騒ぎも
他ツールの開発者が立ち位置を
表明したおかげか、落ち着いてきましたね。

 

泣いても、笑っても、
なくなる時はなくなる。

 

だから、対応して動く。

言葉にしたら当たり前ですね。
ただ、その中に大丈夫かな?って
動き方を見せる人達がいます。

今回はそういう方あてに
リスクを伝えたいと考えて、
記事を作成しました。

不良在庫が増える仕入れとは?

ずばり、
ランキングと価格差に基づく仕入れです。

どういう仕入れ方か、というと、
言葉通りで、ランキングを見て、
最安値を見て、見込み利益を計算して、
いけるラインなら仕入れるというものです。

販売ランキングが高ければ、
売れる可能性が高いし、最安値と仕入れ値に
差額が大きければ、利益も期待できますよね。

そんな感じの仕入れ方です。
しかし、次項でお伝えしますが、
リスクがあるのは事実です。

ぜひ、きっちりマスーしたいですね!

こんなケースでも見分けがつかない

ランキングを基準とした仕入れで
一番のリスクとして想定すべき問題は
安い所が売れて、高い俺様だけになっても
その価格になった経緯がわからないから
現状の最安値基準では売れないものも
高利益商品として仕入れてしまえるのが
挙げられます。

サンプルとしてお伝えするなら、
普段売れる価格は500-1000円の本。

俺様価格で3000円が売れてるんだか、
売れていないんだかでわからない出品。

 

モノレートがあれば、波形を確認すれば
5秒で判断できます。

これじゃ売れてないから仕入れちゃいけない。
とね。

 

しかし、アマゾンページだけでは
このリスクを見落とす場合があります。

だから、次でお伝えする確認作業は
ぜひやってほしいと考えます。

不良在庫になるリスクを減らす裏取り

不良在庫を増やしたい!

こういう人は普通、いませんよね。

でも、やってしまうので売れているか、
という確認作業はしておきましょう。

 

一つはメルカリやヤフオクのリサーチ。
きちんといくらっていう確認可能な数値で
販売履歴が確認できます。

これなら納得いく金額であれ、
納得いかない金額であれ、
確認できるので仕入れる根拠には
十分でしょう。

 

その通りに売れるとは限りませんが。

 

もう一つはkeepaによる確認です。
こちらも当然keepaである必要はありません。

 

keepaやモノレートのような情報が
簡単に読み取れるものが理想的なので
極端な話、同じことができるなら

keepaである必要も、モノレートである必要もなく、
なんなら取得したデータをツールが
分析した結果をまとめて表示してくれるだけでも
余裕で頼りますしね。

まとめ

いかがでしたか?

ランキングと価格差に基づく仕入れは
モノレートが一般化する前に使われていた
むしろ、当時、普通だった仕入れです。

しかし、このやり方には
述べたようなリスクがあります。

個人的には時間を買う感覚で
ツールを使うのが早いと考えています。

それでも、有料ツールを使いたくない場合は
ある程度の時間をかけて相場の確認をするか、
不良在庫リスクを承知で仕入れていくか、
その商品を仕入れないか、となります。

 

どうするのが一番いいのか、
よく考えて仕入れ、販売していきましょう。

 

大丈夫。
人事を尽くせば、
きっと天運はめぐってきます。

>プロせどらーから学ぼう!副業で稼げない初心者をプロせどらーのノウハウで救うブログ

プロせどらーから学ぼう!副業で稼げない初心者をプロせどらーのノウハウで救うブログ

副業を始めたけど、稼げなくて困っている方に少しでも助けになればと、せどらーを集結しています。困っていること、悩んでいることなどあれば、ご気軽に声をかけてください。相談するだけでも気分が楽になるかと思います。

せどりは再現性の高いビジネスです。このブログで学び、少しでも稼げるようになっていただけたら幸いです。これからも毎日、役立つノウハウや最新の情報をお届けしていけるよう、頑張っていきますので、これからも応援よろしくお願いします。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。