【Amazonせどり】FBAと自己発送そのちがい・メリットとデメリット

Amazonせどりをしよう!という人の中には,

すでにメルカリやヤフオクなど他の販路ではお小遣い稼ぎをしています!

という人も多いと思います。

 

Amazonにあって,他の販路にはないサービスと言えばFBAです。

 

FBA(フルフィルメントbyAmazon)とは,

一言でいえば

Amazonの倉庫に預けておけば,

自動的にお客様に商品を発送してくれる代行サービスです。

 

しかも,個々の商品ごとに

・自己発送(自分からお客様に発送すること)

・FBA

この2つをそれぞれ設定して利用すうることが可能です。

私はFBAを使わないならばAmazonで売ることを辞めてもいいくらい良いサービスだと思っています。

 

自己発送とFBAにはそれぞれメリットやデメリットがあります。

しかし,手数料がそれぞれ分かりにくかったり,複雑で難しい・・

とお困りの方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は,FBAと自己発送の違いを

それぞれのメリット・デメリットも把握しながら徹底的に解説します。

FBAというAmazonならではのサービスをうまく使うことで

売り上げも回転率も作業効率もUPしますよ~

 

自己発送とは

メルカリなどと同様,自分自身が発送作業などを行います。

ザックリ書くと

 

  1. 出品:セラーセントラルから出品作業
  2. 受注:Amazonからのメールとセラーセントラルで注文を確認
  3. 梱包・発送:商品を梱包し、購入者に発送
  4. 出荷通知:セラーセントラルで荷物番号を入力して出荷通知を送信
  5. 出荷後の顧客対応:顧客からの質問やクレームなどがあったら対応する

 

自己発送の場合はこのように注文が入ったら出品者自身で梱包・発送をし、

顧客対応も出品者が行うことになります。

少ない個数やクリックポストなどで発送をするような楽なものはいいですね。

 

FBAとは

出品・発送などを全てAmazonに代行してもらいます。

私たちが行う作業は3つだけです。

 

  1. 出品:セラーセントラルから出品作業
  2. 納品プラン作成:セラーセントラルで納品プランを作成
  3. FBA倉庫に発送:商品をまとめてFBA倉庫に納品する

 

ただし,この作業を細かく書くと

1:商品の出品手続き

2-1:商品ラベルを印刷して商品に貼り付ける
2-2:FBA納品書を作成してプリントアウトする
2-3:FBA納品書とラベルを貼った商品を梱包する
2-4、FBA配送ラベルを印刷して貼り付ける

3:梱包した商品にラベルを貼ってFBAの倉庫へ配送する

という細かい工程があります。

これらは,Amazonに代行することで省けるものも多いので,3つの工程とここでは書かせていただきます。

 

FBAを使った場合は、

出品者は商品をまとめてFBA倉庫に送ったら基本的に後は何もする必要がありません。

 

受注、梱包、発送、出荷後の顧客対応などは全てAmazonで行います。

逆に言うと,お客様からクレームや返品したい,という連絡が来た場合は

FBAにお願いします,とURLを送付すればよいほど楽です。

 

 

また,

AmazonのFBAを使うということは

同時に様々な手数料などを把握しておく必要があります。

手数料の基本的な考え方としては

 

https://note.com/shibatami/n/nad9b68f6cf65

こちらのnoteを参考にしてください。

 

 

 

自己発送のメリット

 

それでは,それぞれのメリットについて書いていきます。

1.FBAに商品を送る必要がない

自己発送の場合は商品が売れた時に購入者に送れば良いので、FBAに送る必要はありません

つまり,ラベルを貼ったり,セット商品ならばその商品ごとに袋に入れたり,といったことも必要ないのです。

 

2.手数料が安い

FBAにはnoteに記載したように手数料がかかります。

・配送代行手数料

・在庫保管手数料

が、自己発送だとそれらは全くかかりません。

 

3.設定送料と実質送料の差額が利益になる

自己発送の場合、購入者に提示する送料は各出品者が設定することになります。

実際にかかった送料との差額分は利益となります。

 

また、FBAの場合は送料込みで価格が設定されるため価格全体に対して販売手数料がかかりますが、

自己発送の場合は送料が商品価格とは別なので、販売手数料はその分安くなります

 

4.併売しやすい

自己発送の場合は常に手元に商品があるので、Amazon以外の販売先と併売が可能です。

特に,メルカリやヤフオクなどとも同時に出品したい!という場合には最適です。

FBAの場合も「FBAマルチチャネルサービス」を利用すれば併売も可能ですが、

かなりの手数料がかかりますし、

販売先によっては規約違反になるといったリスクがあるので要注意です

 

Amazon FBAのメリット

正直言って,私は何度も言うように

FBAを利用しなければAmazonを販路に販売することの価値は8割ほど減るのではないか

と思っています。

それくらいメリットが多いにあります。

 

1.カートを取得しやすい

カートを取得する(カートを取る)とは・・

 

カートを取得することで,圧倒的にお客様から購入されます。

それは,お客様の多くは出品者一覧のページまで見ることはなく,

このページの「カートに入れる」をすぐにクリックするからです。

 

Amazonの商品ページでカートを取得できる条件はいくつかあります。

が,FBA出品者が優先的にカートを取得できるというわけです。

 

2.プライムマークがつく

プライムマークとはAmazonのページで商品価格の横に表示されるマークのことです。

FBA出品の商品にはプライムマークが自動でつきます。

 

プライムマークがついているとお客様は

「この商品はAmazonが責任をもって発送する」と判断するため、

大きな安心感につながります。

 

Amazonではプライム会員に登録している人が多いので,

送料無料でお急ぎ便などが使えるプライムマークがついているだけで

購買率が大きく変わります。

 

ちなみに,

自己発送であっても「Amazonマケプライム」を利用するとプライムマークがつきます。

しかし,利用条件が非常に厳しく,ハードルが高いので私はオススメできません。

 

3.商品到着が早い

FBAを使うと購入者は「お急ぎ便」の使用が可能になります。

お客様の手元に商品が早く到着するメリットがあります。

商品の到着が早いとお客様の満足度が高く,購入後の評価も良くなる傾向にあります。

評価の数が増えたり,その評価が高いこともカートを取得する上では大切な要素です。

4.在庫の保管場所が不要になる

自宅では限界がありますし、倉庫を借りるのはかなりの経費がかかってきます。

しかし,FBAだと商品はまとめてFBA倉庫へ送るので,在庫の保管場所は一時的で済みます。

5.梱包・発送はAmazonで行う

メルカリユーザーさんならばよく分かるかと思いますが,

注文が入ると毎回自分で梱包・発送を行うのはかなりの負担です。

 

最初のうちはなんとか一人で対応できても,

注文が増えてくるとかなりの労力を要することとなり大変になります。

 

しかしFBAを使うとAmazonが梱包・発送を行います。

梱包や発送にかかっていた時間を

仕入れや在庫管理(価格改定)などの時間に充てることができます。

6.発送後の顧客対応もAmazonが行う

商品が売れたあとの顧客対応も基本的にはAmazonが行います。

商品は売ってしまった後も,

 

  • 届くのが遅い
  • 違う商品が届いた
  • 届いた商品が壊れていた

などの質問やクレームが入ることはよくあります。

 

FBA出品の商品は、顧客対応をAmazonカスタマーサービスが一括して行います。

出品者は直接お客様と連絡を取り合う必要がありません。

お客様から上記のようなクレームや質問が来た場合は,

カスタマーサービスのURLを送付するだけで完結です。

 

自己発送とFBAの使い分けをすれば利益が伸びる

自己発送とFBAにはそれぞれにメリットやデメリットがあります。

しかし、「カートの取得」という売上に最も直結する点でFBAが有利です。

ほとんどの場合はFBAを使うほうが良いと言えます。

しかし,自己発送を選んだ方が良い場合があります。

どんな場合でしょうか?

私は下の3例に該当するような場合は自己発送の方が有利だと言えます。

1.併売したい

同じ商品をAmazon以外の店舗でも扱いたい場合は自己発送が便利です。

ただし,在庫数をしっかり把握して注文が入ったらすぐに在庫数を変更する必要があります。

在庫切れでキャンセルになってしまうと悪い評価につながるので,

併売する時は十分に気を付けてください。

2.FBA禁止商品の取扱い

  1. 危険物判定が出来ない商品
  2. 温度管理が必要な商品(例:冷凍食品,冷蔵商品など)

これらの商品は,FBAへの納品は禁止されていたとしても,

自己発送ならOKになる場合があります。

仕入れた商品がFBA禁止だった場合は,自己発送が可能かどうか確認してみてくださいね。

3.プレミア商品だから急いで売りたい!

一時的に値上がりしている場合など,

FBAに送って出品が反映されるのを待っていられないことがあります。

そんな場合には自己発送が便利です。

自己発送なら出品するとその場ですぐ反映され、購入可能になります。

自己発送を上手く利用して売り切ってしまいましょう。

まとめ

Amazon自己発送とFBAにはそれぞれメリットとデメリットがあります。

しっかり把握してうまく使い分けるのが一番です。

それぞれのメリットは

FBA

  • カート取得に圧倒的有利
  • プライムマークがつく
  • 到着が早い
  • 自宅内の在庫保管場所が不要になる
  • 梱包・発送・顧客対応を代行してもらえる

自己発送

  • FBAへの納品作業が不要
  • 手数料が安い
  • 併売しやすい
  • 設定送料と実質送料の差額が利益になる

 

きちんと使い分けて

しっかり利益を出して楽しんでせどりをしていきましょうね^^

 

 

 

ということで

長くなってきましたので

今日はここまで♪

 

さらに

コスメせどりの最新情報や電脳せどりのノウハウを学びたい方は

 

こちらから

しばたみのライン@に登録してくださいね♪

友だち追加
https://lin.ee/oIiCToM

↑リンクをクリック

または

QRコードを読み込んでくださいね。

 

 

Twitter始めました♪

こちらも登録したら面白いですよ~(Twitter限定企画もおもむろに開催してますw)

>プロせどらーから学ぼう!副業で稼げない初心者をプロせどらーのノウハウで救うブログ

プロせどらーから学ぼう!副業で稼げない初心者をプロせどらーのノウハウで救うブログ

副業を始めたけど、稼げなくて困っている方に少しでも助けになればと、せどらーを集結しています。困っていること、悩んでいることなどあれば、ご気軽に声をかけてください。相談するだけでも気分が楽になるかと思います。

せどりは再現性の高いビジネスです。このブログで学び、少しでも稼げるようになっていただけたら幸いです。これからも毎日、役立つノウハウや最新の情報をお届けしていけるよう、頑張っていきますので、これからも応援よろしくお願いします。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。